エリザベスのワーキング・ハネムーン

 ワーキング・ホリデイというのはよく耳にする表現だが、エリザベス・ハーレーの場合はワーキング・ハネムーンだったそうで、アルン・ナイヤー氏とハネムーン先のセイシャルに行った時にも精力的に仕事をしていたらしい。「毎日いくつか仕事をこなしていたわ。最初にした仕事は、島内のブティックに私がデザインしたブランドの水着を売り込むこと。それから営業担当者のために注文をまとめて、マーケティング戦略を練り、ブランドのサイトのデザインもやった」そうだが、ビジネスの分野では大先輩の夫のナイヤー氏からは特に苦情は出なかったそうで、「毎日数時間だけ仕事をしている限り、彼は気にしなかったわ」という。

[PR]造顔マッサージ
[PR]
by katz0906 | 2007-06-22 09:07