“ノーパン系セレブ”が許せないブルース

ブルース・ウィリスは、パリス・ヒルトン、リンゼイ・ローハン、ブリトニー・スピアーズなどの、いわゆる“パパラッチに陰部までさらしちゃいます”系のセレブに我慢ができないのだそうで、そうしたお騒がせ芸能人ばかりを追いかけるマスコミにも愛想が尽きているという。「ものすごく下品なことでもしない限り、マスコミは僕ぐらいの年代の男については書かない」「彼らが書くのはガキのことばかりさ。それが現代のポップカルチャーを動かしている。何でもありなのさ。自分のナマ陰部が丸出しになった写真を雑誌に掲載される歌手や女優さえいる。これがポップカルチャーの行き着く先なら、まるでローマ帝国の崩壊みたいなもんじゃないか」とバニティ・フェア誌でぼやいている。

[PR]ボトックス注射
[PR]
by katz0906 | 2007-06-23 07:01