キルスティンの代役はマンディ・ムーア?

 先日公開された「スパイダーマン3」は、全世界規模で映画史上の記録を塗り替える大ヒットとなっているが、早くも世間はシリーズ第4弾の話で持ちきり。配給元のソニー・ピクチャーズによれば、「続編については白紙」だそうだが、既にキルスティン・ダンストの代役として、マンディ・ムーアとの交渉が始まっていると伝えられている。シリーズ第3弾までメリー・ジェーン役を務めたキルスティンだが、同作がきっかけで交際をはじめたトビー・マグワイアと破局後は、「映画の中でも恋人を演じるのは難しい犬猿の仲になった」ともっぱらの評判で、降板の意志が強いと報じられてきた。シリーズ第3弾の出演については、スタジオ側が破格のギャラをオファーすることで続投が決まったが、最近になって女優休業もほのめかしているキルスティンに高額のギャラを払うよりは、代わりの人材を探したほうが早いと判断したようだ。ちなみにキルスティンは、NYで行われた「スパイダーマン3」のプレミア上映会でも体調が優れず、すぐに退散。新しい恋に夢中で、あまり仕事には身が入らないのかもしれない。

[PR]ヒゲ脱毛
[PR]
by katz0906 | 2007-06-24 10:02