<   2007年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

スワンク、サスペンダーで額パックリ

 アクション映画などの撮影中に怪我を負うセレブは後を絶たないが、ヒラリー・スワンクは、新作「PS, I Love You」の撮影中に、サスペンダーで額が割れるという怪我を負い、病院に担ぎ込まれたそうだ。

スワンク本人によれば、「共演者のジェラルド・バトラーが服を脱ぐシーンで、ズボンから勢い良くサスペンダーが外れて、空高く舞い上がったの。先端の金具が私の額にあたって、パックリ割れちゃったのよ」「すぐに病院に連れて行かれて、数針縫うことになっちゃったから、彼はすごく申し訳なさそうにしていた」そう。

それにしても、サスペンダーで怪我をするとは、とんだアクシデントがあるものだ。
[PR]
by katz0906 | 2007-04-02 14:34

ドリュー、雑誌編集長とのレズ関係暴露される

 米国の女性誌“Jane”の元編集長ジェーン・プラットが、過去にドリュー・バリモアとレズビアン関係にあったことを暴露している。

プラットは以前、米国のラジオDJ、ハワード・スターンの番組に出演した際、“女性とセックスした経験がある”と語っていたが、このほど自分自身のラジオ番組で「あれは有名人が相手だった。

ドリュー・バリモアとセックスしたのよ」「私の夢の一つは、ハワード・スターンの番組にもう一度出て、ドリューと私についての真実を語ることだった」と暴露した。

ドリューは1997年に同誌創刊号の表紙のモデルになっており、最近も同誌のインタビューで「性的衝動については、私は好色で、自由で、ヌーディストの、そこら辺を飛び回ってる小鳥か、森のニンフみたいなもの」と語っている。
[PR]
by katz0906 | 2007-04-01 14:33

キルスティン、新恋人追いかけロンドンへ

 レイザーライトのフロントマン、ジョニー・ボレルと“電撃的な恋”に落ちたと言われているキルスティン・ダンストは、バンドが米国ツアーを終了して帰国するとそのままボレルを追って渡英、ロンドン北部の彼のフラットに寝泊りしているようだ。

2人はロスで行われた3月19日のレイザーライトのギグで知り合ったと言われているが、それ以来キルスティンは、テキサス、ロンドンと文字通りボレルについて回っており、ぴったり彼に寄り添うようにしてロンドン中心部のレストランやパブに出没している。

「この関係は本物。彼女は恋わずらいした子犬のようにジョニーを追いかけ回している」「ツアーを終えてバンドは英国に帰国したが、離れ離れになるのは嫌なので、彼女がロンドンに飛んできて、彼のフラットに泊まっている。

どのくらい滞在するつもりなのか、誰も知らない」と関係者がザ・サン紙に語っている。

第2のグウィネス・パルトロウ&クリス・マーティンになるのではと、英国では報道が過熱している。
[PR]
by katz0906 | 2007-04-01 14:32